FC2ブログ
08 << 2018/09 >> 10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

個別記事の管理2012-12-12 (Wed)
毎年みっちゃんはこの季節になると、真っ赤に色づいた旬の『りんご・紅玉』を使って
「りんごジャム」を作ります♪ 最初は「よし、頑張って一年分を作り貯めるぞ!」と、
気合十分でホクホク始めるのですが、やはりなかなかそんな量は作れませんね(^^)
皮をむくだけで精一杯です~ギブアップ!でもリンゴをお鍋に入れて火にかけると
たちまち部屋中に甘酸っぱい香りが漂ってきて、とっても幸せな気分♪ になります。

りんご「紅玉」

ジャム作りはいつもホーローのお鍋を使います。熱の伝わりが良いのはもちろんですが
雑味や臭いがリンゴに移らないので気に入っています。ジャム作りに使うお鍋なら、
いつもより少し甘めな雰囲気のものを選んでみてはいかがでしょうか?
(今回は「イマン」の〝アンティークキャセロール・プリンセスローズ柄〟を使いました)

りんごジャム作り①

皮をむき薄くスライスしたリンゴにグラニュー糖とレモン汁を加え、30分位おきます。
自然に水分が出てきたら鍋を強火にかけ、沸騰したら中火にしてアクを取りながら
スパチュラ(耐熱ゴムべら)で絶え間なく20分位煮詰めます。

りんごジャム作り②

りんごが飴色に透き通ってきたら【シナモンスティック】を加えてかき混ぜ火を止めます。
その間に「もうひとつのお鍋」に「ジャム瓶とフタ」を煮沸させておきます~大忙しデス!

りんごジャム作り③

煮詰まったジャムを「瓶に詰める」のですが、熱いので両手にしっかり【ミトン】をして
(ここが肝心!)ジャムもジャム瓶(水滴のないもの)も、90度位の時に瓶詰します。
8分目までジャムを入れたら(軽くふたをして)また瓶ごと煮沸させます(7~8分位)。
《この時せっかく詰めたジャムにお湯が入らないように、鍋の水の深さに注意します》
煮沸後、鍋から出したら手早く今度はしっかりフタをして【瓶を逆さにし】冷まします。

りんごジャム完成!

『できあがり!!』しっかりとこの工程をすれば常温でかなり保存できますョ(1年位)
完成したあつあつのジャムをトーストしたパンにたっぷり塗り、さっそく試食します~♪
これが美味しい~♪かなり良い出来で、バッチリでした!^^

りんごジャム・試食

作った"ジャム"はこれからいろいろなお料理や、おやつ作りにも大活躍です!
(でも、ほとんどがパンと共に去りぬ^^)りんごは凄く身体に良いんですよ~。
ぜひ工房のお客様にもご試食していただきま~す♪

そんなみっちゃんのもとに突然 、
愛媛の「西宇和みかん」

美味しい美味しい【愛媛の西宇和みかん】が届きました!いつも大変お世話になっている
愛媛県の『夢の服地・たかい』さんから産地直送の有名な「西宇和みかん」を頂きました。

(「わ~いわ~い!!」ジジ親子も大喜びです!)
愛媛のみかんとジジ達

元気いっぱいの素晴らしい黄金色がとっても幸せ気分にしてくれました。今年もありがとう♪
そしてこれからも頑張ります!そんな気持ちになりました^^たかいさんっ、ありがとう!
関連記事
スポンサーサイト

日々のことComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント:














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。